El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【ブラジル】 アルティーノ・アランテスビルの展望台から、サンパウロを眺める。

スポンサーリンク

サンパウロ散策をしている時の話です。

2014年2月 1レアル=約43円

 

◆はじめに

 

 

南米最大の経済都市・サンパウロ。リオとは違いエリアは広く、1,000万人程の人が住んでいる。その中で街歩きをしている途中に高層ビルへ登ってみた。

 

◆蚤の市

 

まず、日曜日にRepubulica(ヘプブリカ)の広場で行われている蚤の市へ行った。

 

↑ヘプブリカ前のビル。右の建物には夜景を楽しめるイタリアンが入ってるらしい。

 

 

蚤の市の様子。ヘプブリカ広場は広くはないので、ぶらぶら歩いても30分ぐらいで見て回れてしまう規模。

蚤の市は好きだけど、置いてある品が民芸品やお土産類であるので、あまり興味は持てなかった。

 

 

だが、ある店の前で足が止まった。

「紙幣が売ってる・・・」、そうだお金が売っているんだ。

 

世界各国の紙幣、古いものから新しいものまで揃えてある。

世界の紙幣を集めている僕からしたら、興味があった。

 

結果、

 

 

買っちゃいました。2,000円ぐらいの買い物。

 

左1~3:ブラジルの旧紙幣

左4:ソマリア

右1:イラク

右2:ユーゴスラビア

右3:ビルマ(日本統治時代)

右4:北朝鮮

 

ソマリアイラクは行くことが出来ないし、ユーゴはもう国として存在しない。

北朝鮮はチャンスあるけど珍しいから、そして"JAPANESE GOVERNMENT"と書いてあるビルマは中々手にいれることは難しい。

なんかいいお土産買った気がする。店のおじさんもブラジルの旧紙幣タダでくれたし。

 

 

そしたらブラジルのTV局にインタビューされました。

「どこの国のお金を買ったのか?」という質問で、ただ国名を言うだけ。何に使うんだろう。

 ヘプブリカで行われている蚤の市、日曜にサンパウロに滞在した時は行ってみるのもオススメである。

 

サンパウロを上から眺めてみる

 

セー広場から北へ歩いて10分、メトロサン・ベント駅最寄りに「アルティーノ・アランテスビル」がある。

 

 ↑エンパイアステートビルみたいな外観

 

このビルは本来はSantander銀行なのだが、平日はご厚意で展望台まで上がることができるのだ。

昼14時~15時ぐらいには終わってしまうので、朝9時や10時ぐらいに行くのがベスト。

ツアーや個人観光客が来るので、待つ時は待つ。その理由というのが、一度に展望台に上がれるのは5人までという制限があるからだ。

 

 

周辺はビルに囲まれNYぽい。どこか歴史的な外観も。

 

 

南米で良く見かける靴磨き。ここではスタンドになっている。

ラテンアメリカは髪と靴が重要ぽい。

 

 

ビルに入ると巨大なシャンデリアがお出迎え。いくらするんだろうか・・・。

 

 

綺麗です。

 

早い時は10分ぐらいでいけるけど、待つ時は30分ぐらい待たされる。ちなみにパスポート必須。

 

上に登ってみると・・・

 

 

周りはビルだらけ。さすが経済都市。

 

 

セー広場を眺めてみる。オフィスとマンションが混在している街、東京みたいだ。

 

 

反対側にはマンションばかり。マンションの建設ラッシュが続いている。

 

 

23区ぐらいの大きさにギュっと詰まっているような。どこの街もそうだけど、川を挟んで反対側は住宅地。内側はオフィス街に分かれている。

 

 

パウリスタ大通り方面は高層ビルが集中している。

 

 

平日に滞在するなら、ビルの上に登ってみてはどうだろか。料金は無料だ。太っ腹Santander。

眺めいいし、サンパウロの大きさ、そして経済都市であることを実感できるに違いない。