El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【中国】北京の安宿「ドラコンキングホステル」に宿泊してみた。

スポンサーリンク

北京の安宿をご紹介します。

2015年10月 1人民元=約20円


◆ドラコンキングホステル

 
【宿名】万里路青年酒店
【住所】78 Dongsi 9th Alley, Dongcheng

【宿泊日】2015.10.25~10.27(2泊)

【評価】★★★★☆

【料金】ドミトリー(4人):54人民元(約1,080円)※鍵デポジット100元

【設備】

Wifi:○(遅) シャワー:温 洗濯機:× エアコン:× キッチン:×
その他:バスタオル、ロッカー、プリント2元(1枚)、ランドリー20元(1キロ)、レンタルサイクル50元(1日)

【地図】

 

・予約

 

Booking.comで予約した。前日までキャンセル無料やアーリーチェックインなどの特典もあり良かった。
2泊で108人民元。1泊54元(約1,080円)だ。
評価が高くて安いところだと、ここ以外にはあまりなかったので、お値打ち価格といえるだろう。
 

 

・アクセス

場所は地下鉄5号線の「張自忠路」駅。
エアポート地下鉄がある東直門までは地下鉄で10分(乗り換え1回)。
天安門/故宮までは地下鉄で10分(乗り換え1回)。
南鑼鼓巷(南羅鼓巷)までは徒歩15分。バスで5分と何かとアクセスがよい場所。

かといって観光地化されていなく、ローカルな北京の雰囲気が広がっているので、とても良い。

ここで張自忠路駅からのアクセスを紹介する。

 

① 張自忠路駅C出口を出る


② 出口を出たら向かって左側へ進む

 


③ 交差点に出るので、そのまま道路を渡らず左側へと進む


④ 次の小道(東四九条)に入る


⑤ 2分ほど歩くと右手にホステルが見えてくる

 

駅から3,4分ほど。とても近い。この東九条は夜になると街灯が殆どないので、ほぼ 真っ暗なのだが、治安は良いので心配しないでもらいたい。

 

・ドミトリー/設備

 

ドミトリーは2階にある。階段を上っていくので荷物が多すぎる人は気をつけてもらいたい。
部屋は4人。室内にトイレとシャワーも付いている。トイレとシャワーの仕切りはないので、シャワー使うとびしょびしょになる。
気になる人は廊下にシャワーとトイレが2つずつあるので、そこを使うといいかも。
シャンプーとボディソープは備え付け。

 

 

個人ロッカーあり、専用の鍵が渡される。
また部屋はカードで出入りするので外出する際は忘れないようにしよう。

 

 

ベッドはセミシングルで広々。カーテンもあるので人の目も気にならない。
また個人ライトやコンセントもあるので充電の心配もいらない。部屋でもWi-Fiは繋がるので問題なし。

使っていて不便に思うところはなかった。1,000円でこの施設はお値段以上かも。少し古いけどクオリティは高い。

 

Wi-Fi

ロビー周辺のWi-Fiと部屋のWi-Fi2つある。
部屋の方は繋ぐ際にパスポート番号が必要になるのだが、「TR…」ではダメで「123456789」と適当に9桁数字を打ったら繋がった。

 

Wi-Fiはあまり早くない。遅いと感じる人もいるかも。
とはいえ、FacebookなどのSNSが繋がらないので、あまりネットをしなかった。なので無くても不便とは感じず。

ロビーにはパソコン一台ある。

 

・その他

 
 

東四九条と東四八条の間には地元民向けの食堂が何軒か並んでいる。
一番人気なのが、緑の看板の「护国寺小吃」。朝から夜まで賑わっていた。
だいたい朝飯が5元前後(約100円)、昼夜飯が15元前後(約300円)ぐらいだ。

◆おわりに

 

北京の安宿を紹介した。
立地もよく、設備も揃っていて、治安も良い。宿サイトの評価が高いのも頷ける。

ホテルライフを楽しみたい人には向いてないけど、「寝るだけでいいや」と考えている人にはピッタリだ。 

是非北京へ訪れる際には使ってみてほしい。