El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【東京】 ナイジェリアビザ(観光ビザ)を大使館で申請する。

スポンサーリンク

ナイジェリア大使館で観光ビザを取得してきました。

2015年12月 

 

◆はじめに

f:id:Kouhei50:20151214185351p:plain


卒業旅行として行く予定の西アフリカ。学生最後のバックパッキングは初心に戻り、泥臭く、汗まみれになって終わる予定だ。
 
西アフリカ周遊の時に一つ壁となってくるのが「ビザ」だ。殆どの国で日本国籍の人はビザが必要になってくる。

ESTAみたいにネットで申請するものではなく、書類を書いて大使館で申請するのが一般的だ。

今回はナイジェリアビザを申請しに、東京の大使館に行ってきた。

ベナンビザとガーナビザを以下参考。

kouhei50.hatenablog.com

kouhei50.hatenablog.com


 

◆ビザ取得の流れ

 

ビザを申請するには大きく分けて4つの事を行う。それが以下だ。

① 書類を用意する

② 大使館に行く

③ ビザを申請する

④ 指定日に受け取る

順を追って説明していく。

 

① 書類を用意する


まずナイジェリアビザを申請するには書類が必要となる。
必要なのは以下だ。


・パスポート(原本)
・写真1枚 (3.5 x 4.5 cmのパスポートサイズ)
・ビザ申請書×1
・渡航目的と訪問予定地を説明した英文レター
・往復航空券のコピーまたは航空券の予約を証明できる書類
・現金:日本国籍の場合4,000円( 一次査証)8,000円(数次査証・STR) 

 

詳細はナイジェリア大使館のページを参照してほしい。日本語で案内されている。

査 証|Nigeria Embassy, Japan

 

▼パスポート
申請時に有効期限が6カ月以上あるもの。申請者が外国籍の場合は日本への再入国許可のある事が好ましい。)

 

▼写真×1
写真1枚 (3.5 x 4.5 cmのパスポートサイズ)。
申請書に貼り付けていく。

 

▼ビザ申請書×1

4ページに渡る申請書。しかしさほど難しくはない。

以下のページで記入例が紹介されている。一部質問が違っていたりするので確認しながら記入してほしい。

変化球な質問は特になし。目や髪の色の質問は久々に見た。

 

▼渡航目的と訪問予定地を説明した英文レター

これは言わば自己推薦状。自分で紙に英語で目的とルートを紹介する。

以下は僕が書いた一例、参考になるかは微妙だが活用していただけると幸いだ(文法のミスとかは気にしないでください)。

**********************

Dear Embassy Staff,

 

Hello.
I want to apply for a tourist visa for Nigeria.
The reason why I'm interested in a firsthand look at economic growth in Nigeria.
Therefore I will stay Lagos only.
I have reservation 「ホテル名」 where 「ホテルの住所」 Lagos State Lagos. 
check in 「日付」、check out 「日付」.
Next I will go Benin, Togo, Ghana,  Cote d'Ivoire, Gambia and Senegal so already I have airplane ticket and Benin, Ghana VISA.
If you know detail my trip plan, please show the next paper.

 

contact phone number & E-mail adress.
phone: XXX-XXX-XXXX
E-mai: XXX@XXX

 

Date:署名の日付

 

Sincerely yours,
自分の手書きの署名

**********************
 

▼往復航空券のコピーまたは航空券の予約を証明できる書類

僕はナイジェリアは空路INだけど、outは陸路なので自作のルートと各航空券のコピーを持っていった。

事前にガーナとベナンビザ取得しておいたこともあったので、裏付けには問題ないと思われる。

 

▼現金

最初に申請する場合は4,000円。西アフリカのビザ代にしては安い。
 

申請に行く前に注意してほしいのが、受付はナイジェリア入国の3ヶ月前からということ。
12月1日に入国する場合は、早くても9月1日に行かなくてはいけない。
なので予定が決まったから早々と大使館に行かないように。
だいたい2ヶ月くらい前がいいのかな。

 

② 大使館に行く

 

大使館はホテルオークラの近くにある。最寄り駅は銀座線の虎ノ門、日比谷線の神谷町、南北線の六本木一丁目。
大使館は丘の上にあるので、どの駅からも必ず坂を上っていかないと着かない。

 

特に虎ノ門と神谷町から来ると急な坂を上らないといけない。
ただ六本木一丁目からだと、泉ガーデンを抜けてスウェーデン&スペイン大使館のところに出れば坂はないので、六本木一丁目から来ると楽。

 
 

大使館前に着いたら、インターフォンがあるのでピンポンして「ビザ申請に来ました」(日本語OK)と言い、中に入る。9時ジャストだと受付の人がいなかったりするので、10分ぐらい遅らせるといいかな。

 

中に入り左手の入口へ。屋内に入りすぐ右手に受付がある。ここで記帳に記入する。
大きな荷物がある人はロッカーに預ける。ポーチぐらいならそのまま入ってOK。

 

ビザ申請は4階。階段かエレベーターで上にのぼる。
到着するとすぐレセプションがある。ここで申請する。
時間帯によっては待たされることも。その際は奥に待合室があるので、座ってのんびり待とう。番号札を渡されることもある。

 

ここまでオール日本語。トイレもあるから安心して。

 

③ ビザを申請する

 

待っている人がいなければそのまま、待っている人がいれば呼ばれる。
僕は水曜日の朝に行って30分ぐらい待った。先客1名だったけど。なので充分時間には余裕をもって申請に来てほしい。

 

記入した書類とパスポートを一緒に提出。
スタッフがチェックしている間に記帳に記入、そして支払い。
記入にはペンがないので持っていくといいかも。スタッフに言えば貸してくれる。
基本置いてない理由は「ナイジェリア人が持って帰るから」だと。納得した。

 

申請は3,4分ぐらいで終わった。観光ビザだったから早かったのかもしれない。
前の人の申請状況で結構左右されてくるだろう。

 

月曜に申請したら水曜、水曜に申請したら金曜に受取。

 

④ 指定日に受け取る

 

水曜に申請したので金曜に受取。申請時に貰ったレシートを持っていく。
受取は14時から15時半まで。申請時と同じ流れで4階へと向かう。

 

窓口でパスポート受取。中身確認して記帳して終了。長さ5分ぐらい。

 

◆おわりに

 

ナイジェリア大使館でビザ申請を行った。特に複雑なことはない、ちゃんとやれば観光ビザは発給してくれる。行かれる方の参考になれば嬉しい。