読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【エストニア】タリン空港から旧市街、バスターミナル、港までの路線バスのアクセス方法。

タリンの空港から各場所へのアクセス方法をまとめました。

2016年2月 1ユーロ=約133円

 

◆はじめに

 

 

エストニアの首都・タリン。こじんまりとした街で空港も市街地から近いところにある。
今回は空港から旧市街、バスターミナル、港と3つの場所へのアクセス方法をまとめた。

 

◆タリンの空港から

 

タリンの空港は小さい。到着ロビーを端から端まで歩いても2,3分ほどだ。
到着ロビーに出たら、右手がキオスク、左手が観光インフォメーションとなる。地図がほしい人はインフォメーションに行くといいだろう。
交通カードの「ウヒルカート」を買いたい人はキオスクへ行こう。

 

 

ウヒルカートではトラム、トロリーバス、路線バスに使えるICカード。勿論空港からのバスにも使える。
チャージ式と1日券、3日券などと選べる。1回券が1.1ユーロ(約146円)、1日券が3ユーロ(約399円)、3日券が5ユーロ(約665円)なので多く乗る人は1日券などを購入したほうがいい。
その場から開始か、後日開始かと日付や日時も指定できる。

 

 

もし1回だけしかバスに乗らないなら、車内で支払うこともできる。その時は運転手さんに1.6ユーロを支払う。
お釣りはまちまち、ある時もあればない時もある。レシートをくれるので、それが乗車券の代わりとなる。

 

 

カードを持ったら路線バス乗り場へ向かおう。到着ロビーの1つ下にある。
案内に従いエスカレーターを下る。

 

 

するとレンタカー屋が並んだ通路に出るので、そのまま真っすぐ。外に出るので左側へ。

 

 

一番手前のバス停が、市内へ向かうバス停だ。2番バスに乗る。奥にも2番のバス停があるけど、そちらは郊外へ向かうバス停なので気を付けてほしい。

 

 

時刻表はこの通り、土日は本数が減るので注意だ。

 

 

白い2番バスがやってくる。

乗車はどこからでもOK、乗車時にカードをカードリーダーにかざす。

さて、ここからだが、

 

・旧市街へ向かう人:「Autobussijaam」で下車又は「Keskturg」で下車し、横のトラムへ乗り換える。若しくは「A. Laikmaa」で下車し、Viru門へと歩く。

・バスターミナルへ向かう人:「Autobussijaam」で下車。

・港へ向かう人:「Reisisadam」(終点)or 「Reisisadam D-terminal」で下車(乗るフェリーで場所が違う)。

 

となる。全て2番バスで移動可能となる。港へ行く人とバスターミナルへ行く人は分かりやすい。

 


バスターミナルは降りて、信号渡って真っすぐ進めば到着する。空港からだと10分ぐらい。

 

 

2番バスは旧市街の真横を通らない。一番近いところは、Viru Keskusというショッピングモールだ。この辺にホテルを取っている人は2番バスでいいだろう、もし旧市街に宿泊する場合は、バスターミナルの「Autobussijaam」で降りて、すぐ真横のトラム2番 or 4番へ乗り換えよう。

トラムは旧市街の真横を通る。Viru門へは4番を使うと便利。

 

 

タリンの公共交通機関は「次の停留所」と「次の次の停留所」を言ってくれる。前には電光表示されているので分かりやすい。
路線図(黄):http://files.visittallinn.ee/static/files/027/tallinn_transport_map_2015_eng_cmyk.pdf

時刻表:http://soiduplaan.tallinn.ee/#bus/2/a-b/en

 

市内からは逆に、各停留所からバスに乗り「Lennujaam」で下車をすればよい。2番は港が始発となっている。

 

◆おわりに

 

空港からの路線バスを使ったアクセス方法をまとめた。2番バスは勝手が良いので活用しよう。だが本数はそこまで多くはないので注意はしてもらいたい。
急いでいる人はタクシーを使うのが便利だ。一応空港からバスターミナル、旧市街へは徒歩で行けないことはない。だが労力を考えるとバスを使うのが便利だと思う。