El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【東京】 Courtyard Tokyo Station by Marriott の朝食ビュッフェがすごい。

スポンサーリンク

京橋にあるコートヤードの朝食ビュッフェを堪能してきました。

2016年8月

 
◆はじめに
 
 
先日、ご縁があり京橋にあるCourtyard by Marriottに宿泊をした。

宿泊の際、朝食無料券がついており、1階にあるレストランでビュッフェがいただける、とのことであった。
というわけで、朝食ビュッフェを堪能することにした。
 
◆Courtyard by Marriott
 
 
京橋のCourtyard。東京駅からも近く、アクセスはとても良い。
詳細は、以下記事を参照していただきたい。
 

◆朝食ビュッフェ
 
 
朝食ビュッフェは、1階の「LAVA ROCK」というレストランで食べることができる。
時間は6時半から10時半まで(L/O10時)。6時半前に行っても座って待つことはできる。
 
 
出発が朝7時過ぎのバスだったので、6時半には店に入ることにした。
店に入ると、店員さんが席へ案内してくれて、コーヒーか紅茶を聞かれる。そして持ってきてくれる。
 
 
あとは好きにすればよい。
 
↑ジュース。
 
↑サラダ。
 
↑パン。
 
↑ジャム。
 
↑和食。
 
↑たまご。
 
↑ヨーグルト、フルーツ。
 
以上、パン、サラダ、燻製、フルーツ、ヨーグルト、和食、オムレツ、ポテトなど一般的な朝食ビュッフェ。
 
なにが「すごい」と思うかもしれないけど、2点のポイントを押さえることにしよう。
 
① オムレツを焼いてくれる
 
 
一般的なホテルでは、オムレツはスクランブルエッグとかになっていて、すでに置かれているものが多い。
しかしこのホテルでは、具材と焼き方を指定できるのだ。ちょっと前に話題になったエッグベネディクトにもできる。
 
そして席まで持ってきてくれる。美味しくてオススメ。
 
② テイクアウトができる
 
 
ここが素晴らしいな、と思った。テイクアウトセットがあるのだ。
 
パンの袋、飲み物カップが置いてあり、好きなものを持ち帰ることができる。
 
ご厚意に甘えて、パンをいくつか持ち帰ることにした。別にどれだけ持って帰っても大丈夫。店員さんに苦笑いされるだけだ。
このシステムは素晴らしいな、と思った。
 
 

外国人やビジネスマンの利用が多いので、そのようなニーズに応えているのだろう。どちらかというと、ラインナップ見てると外国人寄りかな。
和食セットもあるので、食べたい人は頼めばいいし、他の種類も豊富なので、一通り食べてもちょうどいいぐらい。
 
 
オススメできる朝食ビュッフェだった。
 
◆LAVAROCK
【住所】東京都中央区京橋2丁目1
【営業時間】朝食:6時半~10時、ランチ:11時半~14時半、夜:17時半~23時
【HP】レストラン & カフェ | コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション
【料金】一般:2,860円(サービス、税込)
【地図】