読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【香港】絶好の夕日スポット「西環碼頭」(西環埠頭)へ。

Hong Kong 世界の街情報
香港の夕日スポットへ行ってきました。

2017年1月 1HKD=約15円

 
◆はじめに
 
 
香港を訪れる時に、キャセイパシフィック航空の香港観光?サイトを何気なく見ていた。
 
すると下記URLに出てくる記事を読んだ時に、この場所が凄く気になったのだ。
 
ということで、 西環埠頭へ夕陽を見に訪れた。
 
◆アクセス
 
 
アクセスを紹介する。
場所はここ。
 
 /
 
ここへは意外と簡単で、路線バスでもドラムでもアクセスできる。地下鉄はちょっと遠い。
 
・トラムを使う
 
中環から:「ケネディタウン」( 堅尼地城 )行きに乗車。「山道」(Hill Road)で下車。
又は「石塘咀總站」行きに乗車。終点で下車。
 
 
・路線バスを使う
 
湾仔、金鐘、中環、上環から:1番、5B(Citybus)「山道」下車。
北角から:18P(Firstbus)「山道」下車。 or 10(Citybus)「 石塘咀市政大廈, 皇后大道西」で下車。
土瓜湾から:101(KMB)「 石塘咀市政大廈, 皇后大道西」で下車。
旺角、油麻地から:104(KMB):「 石塘咀市政大廈, 皇后大道西」で下車。
 
バス停やトラムの駅を降りたら、横断歩道を渡って、壁沿いに歩いて行こう。
ちょっと奥の方まで行くと、左に入れる場所があるので、入る。ゴール。
※写真撮り忘れていました。ごめんなさい。
土日に行けば人が沢山いるので、分かりやすいかもしれない。
 
 
◆西環碼頭(西環埠頭)
 

 

訪れる前は静かな場所かと思った。人もあまりいなくて穴場的な場所だろうと。
しかしその考えは訪れて5秒で崩れ去った。
土日に両方行ったけど、人(特に若い人)が多いのである。
 
 
そんなことも踏まえながら、この西環碼頭を紹介していく。
 
 
埠頭なので、コンテナや船などが多い。
 
 
土管とか中国漁船、コンテナは何かと絵になる。
 
 
絵になるということもあって、写真を撮りにくる人が多い。皆NIKONの一眼を持っている。大学生ぐらいだと思うけど、どうやってお金手に入れてるんだ。。。
 
 
香港写真会の皆様もいらっしゃいます。
 
 
ウェデイングの撮影も。
 
 
大切な思い出になるから、苦労してでも撮るよね・・・。
 
 
一般の人も。
雨降ってないけど、水たまりがあるのは「故意」によるもの。
というのも、この場所はウユニみたいに鏡ばりを水たまり越しに見れるということで、皆撮りたがり。
 
 
今回はそんなにいい写真はないけど、コンディションが整った時は、ウユニばりの写真が撮れるそう。
中々難しいとは思うけども、雨上がりとかは凄く綺麗なんじゃないかな。
 
 
日本人は殆どいなかったけど、2,3人は見かけた。殆どが香港の若者たち。
インスタなどSNSに投稿目的、または仲間内で写真を共有するために「オシャレ」な写真を撮りまくっている。
 
 
殆どが景色というよりかは、自撮り。コンテナの前で、夕日の前で各々ポーズをとっている。
 
 
九龍半島にそびえたつビルも。
 
 
そしてアパートの壁も。
 
 
香港のリアルな日常のワンシーンを見ることができた。中々面白い場所であった。
 
◆おわりに
 
 
香港の夕日スポット「西環碼頭」を紹介した。中環からも近く、再開発が進むケネディタウンのほぼ隣だ。
土日は混みあうと思うけども、少し見に行ってもいいと思う。香港の日常の一部を垣間見ることができるので、面白い。