読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Mundo

世界88カ国に訪れた備忘録。

【東京】 コートジボワール・観光ビザを大使館で申請する。

スポンサーリンク

東京の大使館でコートジボワールの観光ビザを申請してきました。

2015年12月  1ユーロ=約133円

 

◆はじめに

 

2月から3月にかけて行う「西アフリカ周遊」。

今までにナイジェリア、ベナン、ガーナビザを東京の大使館で申請・取得した。最後に申請するのがコートジボワールビザ。他の大使館とは違い、少し勝手が違ったので、今回は今後申請する人のために記録を残す。

 

kouhei50.hatenablog.com

kouhei50.hatenablog.com

kouhei50.hatenablog.com

 

◆前準備をする

 

 

コートジボワールビザは事前準備をしっかりしないといけない。

流れとしては、

①申請書をダウンロード

②ビザ代支払い

③申請の予約

④必要書類を準備

⑤大使館で申請

⑥大使館で受取

となる。①から④はHP内。⑤⑥は大使館だ。まずは最初から説明していこう。

 

▼①~④について

1.HP( http://www.snedai.com/en/ )へアクセスする。「VISA」を選択。

f:id:Kouhei50:20151213163439j:plain

 

2.国を選択。「JAPAN」を選ぼう。

f:id:Kouhei50:20151213163446j:plain

 

3. このような画面が出てくる。①が申請書をダウンロード、②がビザ代支払い、③が申請の予約、④が必要書類の一覧となる。申請書のダウンロードはいつでも出来るので、ビザ代を支払う。

f:id:Kouhei50:20151213163452j:plain

 

① 申請書をダウンロードする

 PDFであるので各自印刷。そしてボールペンで記入。フランス語か英語で。住所のところは郵便番号と電話番号も必須。複雑な質問はない。観光もビジネスも同じ申請用紙なので、ビジネス関連のところについては記入する必要はない。

 

② VISA代を支払う

4. ビザ代を支払い。TAX込で58ユーロ(約7,714円)。「NEXT」をポチ。

f:id:Kouhei50:20151213163455j:plain

5. 名前や住所、メルアドを入れる。「NEXT」。

f:id:Kouhei50:20151213163459j:plain

6. 支払い画面へ。クレジットカードのみ受け付け。マスターかVISAだけ。

f:id:Kouhei50:20151213163503j:plain

7. 無事支払が完了されるとこの画面が出てくる。同じ内容が先ほど入力したアドレスにも送られてくる。「payment document」と「appointment code」はメモを控えておこう。

「Click here」を押すと、「8」の画面が出てきてレシートを印刷できる。

「You will have」から続く文のリンク先は大使館申請の予約ができる。

f:id:Kouhei50:20151213163507j:plain

8. 最初に支払いレシートをみる。ビザ申請時に必要となるので、必ず印刷しておこう。

名前とメルアド、そしてバーコードがついている。今回は消している。

 

f:id:Kouhei50:20151213163512j:plain

③ 大使館を予約する。

9. 次に大使館の予約。そのままNEXT。

f:id:Kouhei50:20151213163519j:plain

 

10. 「7」の画面で出てきたappointment code」を入力。「NEXT」。

f:id:Kouhei50:20151213163530j:plain

 

11. 場所を選択。今回は東京で。すると日時が出てくるので、都合が良い日に選択。

場所を選べるということは、海外の人は現地でも可能かもしれない。

f:id:Kouhei50:20151213163534j:plain

 

12. 個人情報を入力。

f:id:Kouhei50:20151213163538j:plain

 

13. 予約表が出てくる。この赤文字から下の部分を印刷して持っていく。これで終了。

f:id:Kouhei50:20151213163541j:plain

④ 必要書類

▼全部のビザに必要

• The original receipt of payment online

⇒ビザ代支払証明証。②のVISA代支払「8」のレシート

• The statement of acceptance of appointment

⇒大使館予約表。③の「13」の予約表

• The visa application form completed and signed

⇒ダウンロードしたビザの申請書

• A photo ID (size 4.5 cm x 3.5 cm) recently under 6 months

⇒過去6ヵ月以内に撮影した写真1枚(4.5×3.5cm)。貼り付けていく必要はなし。

• A passport valid for six months minimum + a photocopy of the first three pages (pages with photo and address)

⇒パスポート(残存6ヶ月)、最初の3ページのコピー(1ページは表紙の裏、2ページ目は顔写真、3ページ目は後ろの住所を記入するページ)

• Original full copy or extract of birth certificate

⇒出生証明書。要らない。

• Photocopy of the school or student card (students)

⇒学生証。学生限定。あんま見られなかった

• The international certificate of vaccination against yellow fever

⇒イエローカード。原本。

• A detailed statement of reservation of air ticket or a photocopy of the ticket round trip

⇒飛行機などの予約表。

 

▼観光ビザに必要

• Confirmation of hotel reservation or;

⇒ホテルの予約表。booking.comやexpediaなどのコピーでOK。英字。

• Proof of financial means to stay.

⇒銀行の残高証明証。英字。日本円でもOK。三菱東京UFJで756円で取得できた。

円建ての英文残高なら各支店でその場で発行。混んでなければ20~30分ぐらい。ドルやユーロなど外貨建てなら自分の通帳に書かれている支店ならその場、他店なら1週間ほどかかる。受取は郵送か店舗。

 

◆⑤大使館へ行く

 

 

コートジボワール大使館は代々木上原駅から徒歩10分ほど。閑静な住宅地の中に大使館はある。
そのまま門の中に入り、そのまま奥へ。ドアを開けるとスタッフが出迎えてくれる。

 

入口でビザの申請を行う。
まずは書類の不備がないかをチェック、あったらその場で記入。ペンは持参必須。

 またコートジボワールへ行く旅程を確認される。往復フライトを持っていれば問題はないけど、僕の陸路の場合だったので色々質問された。
 

今までの3つの国よりかなり念入りにチェック。ラゴスまでのフライトと、アビジャンからのフライト、そして陸路でどういう移動をするか。
自分で旅程表作っていったけど「それはダメだ」と言われて、再度白紙に書き直し。ナイジェリア大使館のときに記入した例があったので、それを参考にしながら、日付とサインを入れる。

 OKならば、写真1枚、パスポートコピー、パスポート、イエローカードなど含めて提出。
 

その後スタッフが奥に行き少々待たされる。書類の分なければすぐに受け取ってもらえるので、コートジボワール空路で往復する人は早いと思う。 

ちなみに日本語ダメ。英語かフランス語での対応。訛ってるフランス語のさらにフランス語訛りの英語なので、僕の力では聞き取りにくかった。

 

10分弱待ち、奥から名前が呼ばれる。
奥の部屋に行くと写真撮影。その写真がパスポートに貼られるのできめていこう。ちなみにメガネは外す。

撮影が終わると指紋認証。まるで入国審査のようだ。左手4本、右手4本、両親指。

 

その後に名前とパスポート番号が入ったレシートをチェックし終了。
受取日が入った紙をもらい、その日に行くだけ。

全体で30分ぐらいかかる。駅からの往復も含めて余裕を持って訪れよう。

 

◆⑥ビザを受け取る

 

 

受け取りは平日の9時~11時45分のみ。最初何も記載がなく金曜の午後に訪れたら「受け取りは午前だけだ、また来週来い」と言われて追い返されてしまった。

受け取りは5分ほど。レシートを渡すと、職員がパスポートとイエローカードを持ってきてくれる。中身を確認し問題ないなら終了だ。

 

◆ちょっと寄り道

 

 

代々木上原にせっかく訪れたので、「東京ジャーミイ」というモスクへ訪れてみた。

東京に生まれて23年、初めての訪問だ。オスマントルコ様式の大きな建物である。

 

 

中に入ると多分トルコ人が出迎えてくれて、館内を自由に見学。2階部には礼拝所があり、所内は美しい内観となっている。イスタンブールを思い出すほど、一見の価値はある。

土曜とかにはイベントをやっているみたいなので、お時間がある方は訪れてみてはどうだろうか。

 

◆おわりに

 

 

コートジボワールビザを申請した。殆どの人が訪れることはないだろうけど、今後東京で申請する人の参考になれば幸いだ。どの記事よりも詳しく書いてあるつもりである。