El Mundo

世界89カ国に訪れた備忘録。

【タイ】バンコク最大級のショッピングモール「Central Plaza West Gate」に行ってみた。

スポンサーリンク

バンコク最大級のショッピングセンターに行ってみました。

2016年8月 1THB=約3円

 
◆はじめに

 

ショッピングセンターが増え続けるバンコクの街。中心部だけではなく、近郊にもSCは建てられている。
その街に訪れたら、SCには必ず行くようにしている。全てではないけど、その土地の生活を垣間見ることができるからだ。
 
今回はバンコク北部にある「Central Plaza West Gate」へといった。
ここはチットロムのCentral Plazaと同じであり、Centralグループが運営しており、バンコク最大級のSCだ。
 
◆アクセス
 
 
最寄はMRTパープルライン「タラート・バンヤイ」駅。終点の1つ手前で、始発のタオプーン駅からは30分、42THB(約126円 ※9月に値下げする)。
そこまで近い場所ではないが、パープルライン開通で便利になった。
 
 
 
このタラート・バンヤイ駅から、歩道橋を通り、1分30秒。駅に到着する前、右手に大きなSCが見えてくる。
 
以下、パープルライン乗車記。
 
◆Central Plaza West Gate
 
・欧米のようなショッピングモール
 
 
このSCで感じたのは、バンコクにある他のモールと少し違うというところだ。
なんだかタイではなく、欧米のSCにいるような感覚に陥った。何故かは分からないけど、テナントの区画が影響しているのかもしれない。
 
 
全体的に道は広く、ゆっくりと歩ける。テナントも似たようなものが入っているけど、ゾーン?ごとに区分けされているので、ぐちゃぐちゃになっていない。そして最上階にはシネコン
 
 
餃子のような形。
SCの端にはデパートのような大きな店が入っており、整理されているように感じた。
 
 
日曜の昼間に訪れたこともあり、客層は様々。家族連れもいれば、恋人同士、友達同士、1人で買い物に来る人など。こちらは万国共通なようである。
 
バンコクに広がる"JAPAN"ブランド
 
 
バンコクのSCを歩けば分かるが、多くの日系企業、そしてJAPANブランドが進出していることが分かる。バンコク都民の生活に、日本と関わらないことはない、と言えるほど密接な関係だ。
 
 
特に「食」に関しては、日本ブランドが強い。最近では韓国料理やチキンなどが徐々に勢いを見せているけど、それでも日本食に追いつくことは現状ない。寿司を始め、大戸屋やよい軒などの定食、吉野家、てんやなどの丼、ポムの樹やロボットレストランまでもあった。
 
↑「てんや」や「吉野家」などは当たり前の光景。
 
↑丼ぶりを出す店も増えてきた。
 
↑まさかのロボットレストラン。 
 
↑「SUSHI」を出せば人が入るというのは、万国共通。この漢字なんだよ。
 
↑オン・ザ・テーブル。俺は東京でこの名の店を見たことがない。
 
↑少し履き違えた店も出てくる。スーパーマキ?
 
僕が思うのは、ここは観光客が訪れることがない、ド・ローカルのバンコクのSCである。日本人もほぼ来ない。なのに、日本食や日系企業が進出しているということは、それだけニーズがあるということである。これが中心部なら「在住者向けかな、観光客向けかな、金持ち向けかな」と思うところなのだが、そういうわけではない。
 
ドラえもんワールドもできるようだ。
 
↑イオンはスーパーではMax Valueを展開。クレカ事業も広く展開。
 
↑本屋に入れば、日本のガイドブックが目につくところに。訪日需要はまだまだありそう。
 
 
以前、KLのイオンで感じたことについて書いたことがあるが、このバンコクでも同様なことが言える。
・カッコイイ高校生バンド
 
 
SCをふらついていたら、人が注目しているステージがあった。どうやら高校生バンドの大会である。
 
 
審査員もいて、ステージも用意され、パフォーマンスを披露する高校生たち。かなりガチなような雰囲気だ。
 
 
1バンド終えるごとに、審査員が評価するのだが、結構なレベルの高さであった。文化祭など比較にならないレベル。
 
 
タイPOPは個人的に好きだし、もっと注目されてもいいな、と思っているのだけれど、見ていておもしろかった。
 
 
 
特にこのバンドのギターの動き。足腰をかなり使っており、見ている側もとても気持ちがよいものだった。将来メジャーデビューする日も近いだろう、と勝手に思う。
 
・フードコート
 
 
「FOOD PARK」と呼ばれるフードコートが3階にある。料金は食堂より10THBほど高め。
とはいえ、タイ料理全て揃ってはいるし、量もちょうどいいので、ご飯にはピッタシだ。
 
 
カオソーイを食べたけど、こちら55THB(約165円)。こんなもんだろう。
 
 
 
このフードコートも例によって、クーポン制。先に窓口でカードにチャージして支払う方式だ。
僕は財布を出す手間暇が省けるし、1,000THBも崩してくれるので、結構活用している。
 
 
 
なぜかこのSCにはゆるキャラが多くいた。しかも日本では見たことがないやつ。現地発ということか。少し紹介しよう。
 
↑日本でも最近人気な「ふくろう」。のマダム。ハートが特徴的。
 
↑キリンさん。
 
↑キリンじゃないんかい。
 
↑ハングリーベア。ディズニーではない。
 
田辺誠一が描いたかのような絵タッチ。好きです。 
 
◆おわりに
 
 
バンコク北部の「Central Plaza West Gate」を紹介した。個人的にはバンコクの中でもオススメしたいSCである。
中心部からアクセスが良いわけではないけど、最近開通したパープルラインの駅から直結なので、雨や暑い日にも楽に移動できる。
 
バンコク都民の生活を垣間見たい場合、訪れてみてはどうだろうか。